ほとぼり

昨年折った肋骨周りが痛い。 もうねー、ちょっと嫌なレベル。 まぁ仕方ない。 一昨年だったか、千葉で女性が犯人の通り魔事件があった。 女はリスカ写真をブログに載せたり、通り魔を示唆するような動画を配信したりしていた。 判決は執行猶予がついて、昨年…

針水晶の指輪

針水晶の指輪が好きで幾つか持っているが、歳を取ったのでなんだかちょっと指につけるとおもちゃみたいに見える気がしてきた。 でも好きだから使うけど。 もう大分前にクシュカで買った指輪、昨日久々に着けてみた。 キラキラとしたカットの入った針水晶。 …

黄金の1週間

ブラッドベリ風のタイトルになったな。 ブラッドベリが亡くなって、どのくらい経つんだったか。 もう彼の新作は出ないのだから、読んでいなかったSF以外の作品も読んでみようかな。 どんな人もいつかはこの世から居なくなるが、才能のある人は何かを残せるの…

知らない世界

非正規で働いている職場の同じく非正規の同僚が、実は本業が別にあるという人だ。 そういう人は別に珍しくはないが、稀に見る性格の悪い女だ。 そいつがやっている事が、多少エンターテイメントに関わる事なので、それを聞いて以来、舞台女優とか売れない地…

白い曇天

空が白い。 今日の曇り空。 東京の曇り空は灰色が多いが、今日は白い。 北の国では良くこういう空を見ていた。 真っ白な空。雲が動くのすら分からないほどの白一色。 そういう空を長いこと見て育ったので、今日の空は落ち着く。 こんな空の下で過ごした10代…

春の心はのどけからまし

関東の桜は終わって、これからは八重の桜の時期。 盛大に散った桜は寂しいが、この雨で最後か、この風で最後かとハラハラする事は無くなる。 こんな気持は昔の人も持ったわけで 世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし と在原業平も詠んだのだ…

春爛漫

東京の桜も満開。 昨日は所要で神保町辺りに行ったので、ついでに千鳥ヶ淵の桜を観に行った。 昼過ぎだったが、結構な人出だった。 日本人は桜が好きだな。 震災で犠牲者が出た九段会館も、まだ取り壊されずに建っていた。 20代の頃、千鳥ヶ淵で会社の花見を…

彼岸に雪。 雪の降るのが見たくて、窓を開けてストーブを点けている。 昨夜は職場の飲み会。 正規雇用では無いので、そういう飲み会には行かないつもりだったが、行ってみていろいろと思うこともあった。 まぁ、もう行かないかもな。 気を使わせるし。 若い…

世界中から誰も居なくなってしまったのかと思うほど、今何の音も聴こえない。 東京でこんな時間は珍しい。

弥生

三月も半ば。 肋骨を複数本骨折する事故から、一年が経とうとしている。 長かったような短かったような一年。 骨折箇所は、未だに痛い。 仕事は骨折前に働いていた職場に戻った。 骨折の所為で一年近くだらりとしていたので、仕事を始めるといろいろ戸惑いは…

本を読む

就学前には、そこそこの漢字も読めるようになった。 実家は貧乏で、子供が読むような本を、そうたくさんは買ってもらえなかった。 あまり高額では無いトッパンの絵本が数冊あったり、姉の持っている名作系の本がある以外は、大人の本しか無かった。 最初は覚…

冬季五輪

私が田舎の小学生だった頃、札幌で冬季五輪があった。 テレビに釘付けで、笠谷のジャンプを観たものだ。 もう半世紀近く前の事。 人の人生とは、案外短い。 ずーっと何となく体調の悪いまま人生を送ってきた。 自分でも本当に溌剌とした子供だった時代は、せ…

眠い

眠いのに、一定の時間までは寝る気にならない。 でもそろそろこんな生活も辞めないと。 そろそろ携帯もスマホに替えないと。 やるべき事はたくさんあって、生きている時間も限られている。 なのに私は何年も何もしていない。 何もせずに年をとり、身体は年齢…

真夜中のギター

まちのどこかで さびしがりやがひとり 子供の頃、こんな歌が流行っていた。 その頃出会った同級生の少年を、ネット上で見かけた。 当然オッサンになっていたが、面影というのは無くならないものなのだなと思う。 男の人は女の人よりも変化が少ないのか、それ…

年始

平成三十年。 そんなに生きたのかと、感慨深い。 平成も、順調に行けばもうあと1年と少しで終わる。 今年の皇居での一般参賀は、前年の2倍の人出だったらしい。 昨年は地元に帰っていて行けなかったので今年は行ってきたが、今までになく待ち時間が長かった…

降誕祭

仏前にと遠方に供花を手配していたら、こんな時間。 それでもネットで何でも手配できる世の中は便利ではある。 雪の降る町へ贈る花。 最近のアップル社の雪の中で踊るCM、あのCMに使われている曲が、何とも切なくて泣きたい気分になる。 20代までを過ごした…

お誕生日

天皇誕生日。 一般参賀に行こうと思ったが、朝起きられずに断念。 昨年は行ったが、位置取りが悪く皇族方の様子も良く見えなかった。 年々報道のカメラも増えてる気がするのだが、もうすぐ御退位だからなのかな。 昨日は嫌な事とか、気持ちが落ち着かない事…

膝小僧

転倒により膝を負傷。 いやいや、年齢の割に老化しているとは思っていたが、あんな段差で携帯見ながら歩いていたとは言え、転ぶなんて思いもしなかったよ。 タイツに穴が空き膝から血が滲むなんて、子供の頃以来かも。 出掛ける時に、そうだタイツが伝線した…

最後の砦

以前あれこれあって、どうにもこうにも仕事が決まらない頃、最後の砦として某探偵事務所の相談員の求人を見つけた。 たまたま別件でネット検索していた時に、探偵事務所のサイトの片隅に求人募集があった。 そこには、応募条件が年齢が40歳以上の女性となっ…

秋の陽

秋の低い日差しはなんか好き。 小学生の頃、仲良しの友達と学校帰りに歩いた道を想い出す。 あの大事な友だち。 今でも付き合いは無いけど、消息は知っている。 インターネットとは便利なものだ。 昨日テレビを見ていて、偶然な色々が重なって、今はやりたい…

冬の初め

12月になった。 早い。 今年はダラダラしすぎて、全然実感の無いまま1年が過ぎた。 どう考えれば良いのやら。 ネットをウロウロしていると、つぶやきやらブログやらで、仲良し夫婦の書き込みを読んだりする。 どちらかと言えば、仲良しとは言い難い夫婦が多…

昔話

windows95が世に出た頃、いつかはパソコンから何でも調べられるようになると便利だねーなんて話をしたものだ。 あれから20年以上が過ぎて、今ではネットで大抵のことは調べられる。 嘘の情報もたくさんあるが。 黎明期のパソ通なんかは個人的に使った事はな…

雨のち晴れ

午前中は降っていた雨が、今はすっかり止んでいる。 出掛けたいような気もするけれど、結局それほど用事もないので出掛けずに終わりそう。 部屋の中でやるべき事は実はたくさんあるんだけれど、部屋が混沌としすぎていて、どうも何もかもやる気を失くす。 物…

パリ娘

『お菓子と娘』西條八十作詞。 この歌、私の年代ではほぼ聴く機会が無かった。 30年位前だったかNHKの番組で、男性オペラ歌手が歌っていたのを聴いたのが初めて。 それまで歌詞しか知らない歌だった。 西條八十の詩集で読んで可愛い歌だと思っていたので、…

精神世界の人

自称チャネラーが脱税。 山本千春という女。 評判は良いみたいだけど、脱税とかしちゃったら一気に胡散臭くなるねー。 結局お金の為に、それらしいこと言って騙してたんじゃないのって思われちゃうよね。 こういう人ほど納税とかしっかりやるべきなのに。 脱…

5時過ぎると暗くなる。 夜が早くやってくる。 もう11月なのだ。 不倫相手を殺して遺棄したとして、大田区の職員50代係長が逮捕されたとの報道。 馬鹿すぎる。 しかも、不倫相手から二股かけられてた事に怒って殺したって、何それ。 結婚してくれとか、関係を…

文化の日

祝日だと言うことを忘れておりました。 世の中は物騒な事件の話でもちきり。 若者の人口が減っている昨今なのに、殺されたり自死したりでどんどん減ってる気がするよ。 なんだろうね。 年寄りは仲々死ねなくなるなぁ。 猟奇的な事件の犯人が、今回はなんだか…

木枯らし1号

わりと暖かな1日だが、木枯らし1号吹きました。 天気はすごく良くて暖かく感じるが、北風なんだな。 地方から東京に来て、初めての木枯らしは驚くほど寒かった。 北国育ちで東京なんか全然暖かいと思っていたが、木枯らしの冷たさに本当に驚いた。 関東の風…

低気圧

低気圧の所為なのか、半年前に折った肋骨が痛い。 なんだかここの処、気が滅入る。 悪天候が続いていた所為もあるのだろうが、なんだか元気が出ない。 今日は引きこもって、昼間からGYAOで映画を観ていた。 その間だけ少し楽しい。 この人生でやりたかった事…

学生の日のノートの上に

今年の初めに十数年ぶりに実家に戻った時に、処分せずにいた高校生の頃のノートを処分した。 時間が無くて数冊持ち帰って来たが、それを今日みていて、なんともなんとも複雑な気持ちになった。 その頃の自分の気持とか色々。 そしてノートの中に挟んであった…