ほとぼり

昨年折った肋骨周りが痛い。

もうねー、ちょっと嫌なレベル。

まぁ仕方ない。

 

一昨年だったか、千葉で女性が犯人の通り魔事件があった。

女はリスカ写真をブログに載せたり、通り魔を示唆するような動画を配信したりしていた。

判決は執行猶予がついて、昨年には世の中に出てきた。

その女がしれっと新しいアカウントでネット上に居る。

痛々しい絵を書いて売ったり、手作り品を売るようなサイトで雑貨を売ったりしている。

なんかね、一度犯罪を犯したら何もしてはいけないのか、と言われるかも知れないが、少なくとも被害者が嫌な気持ちになるような活動は、しないで欲しいと思うよね。

 

殺されかけた3人の被害者は、今後も心身ともに後遺症を抱えながら生きてゆくのだ。

無差別に襲ってくる奴はいつ現れるか分からないトラウマ。

そういうものは普段忘れていても、何かの拍子に恐怖を呼び起こす。

そして刺された部位の身体的な後遺症。

体のどこかに怪我を追うと、治った後でも後遺症は少なからずある。

事故で肋骨を折った私でさえ、1年以上経った今も薬が必要な痛みが続く。

 

身体を切ったり、どこかを折ったりするというのは、経験していない人にはわからないだろうが、本当にその時の物理的な痛みよりも、後遺症の痛みの方が辛い。

それを抱えて生きているのだ事件の被害者は。

それをのうのうと楽しく生きてる加害者には、同じような痛みを味わえと思う。

後ろから背中を刺され、脇腹を刺され、足首を捻挫し、指を切られてしまえ。

その上でのうのうと生きたら良い。

 

こんな大きな事件ではなくても、以前短期間一緒に働いた職場にいた男は、過失で老人を轢き殺した。

当時はすべてのネット上のアカウントが消えたが、示談金やらなんやらで、実刑にはならなかったようで、数年経ったらまた新たなアカウントで楽しげな書き込みを始めた。

「うるさいこと言う奴がいるので辞めてましたが、またはじめましたw」

とか書き込んでいた。

人が一人死んでいるのにね。

お金で解決したから、禊は済みましたって感じなんだろう。

時々趣味を活かしたボランティア活動なんかもして、心証をよくしたらしい。

こいつには働いている当時パワハラを受けたので、どうにも許せない気持ちがある。

 

結局何かの犯罪を犯しても、実刑の無い判決では犯人は反省しないのだ。

私では無く、相手が悪い。

私では無く、精神病が悪い。

 

違うよ、罪を犯した本人が悪いんだよ。

 

 

針水晶の指輪

針水晶の指輪が好きで幾つか持っているが、歳を取ったのでなんだかちょっと指につけるとおもちゃみたいに見える気がしてきた。

でも好きだから使うけど。

もう大分前にクシュカで買った指輪、昨日久々に着けてみた。

キラキラとしたカットの入った針水晶。

魔除けになると聞いた気もするが、然程私には効力はなさそう。

 

今日の関東は天気が良い。

ほどよく乾燥して暑くもなく寒くもない。

昨日のように風もないし。

 

今年は年明けからなんだか上手くいかなかったし、今後もどうなるか分からない。

まぁなるようになります。

自分の事は良く分かっているので、今後も危うきに近寄らず。

それでも吹っかけて来る輩には、まぁそれなりの報復を。

人間が出来ていませんからね。私は。

黄金の1週間

ブラッドベリ風のタイトルになったな。

 

ブラッドベリが亡くなって、どのくらい経つんだったか。

もう彼の新作は出ないのだから、読んでいなかったSF以外の作品も読んでみようかな。

 

どんな人もいつかはこの世から居なくなるが、才能のある人は何かを残せるので良いな。

 

やっと連休で、今年に入ってからの怒涛の精神状態が少し落ち着いたかも。

昨年ほぼ働かなかった余波で、まったく仕事脳にならず、恐らく昨年以前の自分ならこなせていた仕事がこなせず、ストレスにも弱くなって、ちょっとした人間関係の事も気に病んだりと、もうヘトヘトだった。

その所為で金銭的にも損もしたし。

 

だけどまぁ、もう気に病んでも仕方がないし、今日は空気も乾いて良い日だし、ここから気分を持ち直したいと思う。

部屋のもう捨てた方が良いだろうという物も、この連休で捨てる予定だけど、もう休みも今日入れて3日しかない。

火・木も休めば良かったか。

しかし非正規で働く身の上としては、日銭は必要なので休みたくないしな。

まだ有休もついてないし。

 

今日は雷雨があるかもという予報があって、大物は洗濯しなかったが、明日は冬物も大物を洗濯しないと。

それに連休らしくどこかに出掛けたいしな。

知らない世界

非正規で働いている職場の同じく非正規の同僚が、実は本業が別にあるという人だ。

そういう人は別に珍しくはないが、稀に見る性格の悪い女だ。

そいつがやっている事が、多少エンターテイメントに関わる事なので、それを聞いて以来、舞台女優とか売れない地下アイドルとかが、全部彼女のような嫌な人間に思えてきた。

そういう世界では、他人を蹴落とす勢いで仕事をしないといけないのかも知れないが、あんな性格の悪い人間が夢を売るような仕事をしているのかと思うと、すごく気持ち悪い。

まぁ彼女に関して言えば、そういう性格だから結局は本業がうまく行かず、フルタイムの事務仕事をするしかないのだろうけど。

 

彼女のSNSに登場する、ほぼ無名の俳優やアイドル達を見ると、今までそういう人達を頑張っている人達と思って見ていたが、それ以降本当に気持ち悪い人達に見えてしまう。

張り付いた笑顔。

その裏にある、他人を蹴落とそうとする意地の悪い顔。

 

怖い世界だなぁ。

白い曇天

空が白い。

今日の曇り空。

 

東京の曇り空は灰色が多いが、今日は白い。

 

北の国では良くこういう空を見ていた。

真っ白な空。雲が動くのすら分からないほどの白一色。

そういう空を長いこと見て育ったので、今日の空は落ち着く。

こんな空の下で過ごした10代までの日々。

本当に人生って短い。

 

一昨年の冬に父が亡くなってから、特にそう感じるようになった。

 

人の人生の大半の事は、20代までに終わるような気がする。

あとは何となく追われて追われて、気がついたら終わっている。

その間に子育てやら仕事やらで慌ただしく過ごしているのだけれど、それも振り返って見れば、20代までの想い出よりも不鮮明な気がする。

まぁそれは、子育てをしなかった自分が思うだけで、子育てという自分以外の人の人生に関わった人にとっては、それと同じだけの長さと鮮明さがあるのかもしれないが。

 

あっという間に80位になりそうだなぁ。

春の心はのどけからまし

関東の桜は終わって、これからは八重の桜の時期。

盛大に散った桜は寂しいが、この雨で最後か、この風で最後かとハラハラする事は無くなる。

こんな気持は昔の人も持ったわけで

 

世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし

 

在原業平も詠んだのだ。

 

また来年。

盛大な花を見れると良いな。

 

正直、人がいつ死ぬかなんて分からない。

来年の桜を観る事が出来るかも、誰にもわからない。

 

最近、家族を殺すような事件をよく聞く。

折角産んで育てた子供に殺される親。

少子化の今なのに、これじゃあ子供を生みたいと思う人もどんどん減りそう。

 

三月は後半怒涛の嫌なこと続きで、お蔭でストレスで本来やるべき事がすっぽりと抜けてしまったりと、金銭的にもダメージが大きかった。

あとから後悔してもどうにもならず、もうこれを教訓にするしかないと諦めて、少し憑き物が落ちた感じ。

私は私。

もう自分の事だけ考えよう。

 

まずは、荒れ果てた部屋をなんとかしないと。

春爛漫

東京の桜も満開。

昨日は所要で神保町辺りに行ったので、ついでに千鳥ヶ淵の桜を観に行った。

昼過ぎだったが、結構な人出だった。

日本人は桜が好きだな。

 

震災で犠牲者が出た九段会館も、まだ取り壊されずに建っていた。

 

20代の頃、千鳥ヶ淵で会社の花見をした。

今は出来ないみたいだが、当時は場所取りが出来た。

今みたいにライトアップも無く、提灯のような物も無かったように思う。

薄暗い千鳥ヶ淵で、夜桜を観る。

あれもまた良き想い出。今となれば。

 

人生なんて意外と短いとつくづく思う。

何かを成し遂げられる人なんて少ない。

女性の多くは、子供を産んで育て上げる事で、何かを成し遂げた事になるのだろう。

独身者はそれもない。

 

桜の季節は、明るい分少し寂しい。