セール

恒例の問屋のセールに行ってきた。

久々の平日の初日に行けたので、やっぱりテンション上がったわ。

ついつい買い込んでしまった。

今回はいつも買う洋服の店では、1枚も買わなかった。

全然欲しい服が無かった。そういう時もある。

 

帰りは丁度帰宅ラッシュの時間で、そんな時間に大荷物持って山手線に乗るのは嫌だったが仕方なし。

新宿で大柄な女性に突き飛ばされてイライラしたりと、帰りは散々であった。

まぁラッシュに乗った自分が駄目だったな。ゆっくりどこかで食事でもして帰れば良かった。

 

そんなこんなで疲れた所為か、また帰ってから変な事を思い出して、その事で頭がいっぱいになってしまった。

こういう脳って本当に困る。

最近良く話すようになった職場の女子の事だ。

なぜかちょっと気に入られて、ご飯に誘われたり、近所に引っ越す事になったから遊びに来てくださいなどと言われて、ちょっと嬉しかった。

ついでに友達少ないので、時々ご飯とか行きましょうとか、男の人は好きじゃないとか言うので、当然彼氏も居ないのかと思っていた。

それが実は、彼氏の近くに住みたいからの転居で、近くに引っ越したら頻繁に会うようになったのか誘って来ることも無くなった。

彼氏が居ることは、言いそびれたのか私が独身なのを遠慮してなのか、ずっと隠されていたが、他の人から聞いて知った。

なんだか良い子だと思って、密かにお気に入りだったのに、あー嘘付かれてたのかぁと思ったら、ひどくがっかりしてしまった。

友達居ないって言ってるのに、しょっちゅう引っ越してきたばかりの土地で外食しているっていうから、一人で行けるって格好良いねぇ位の話をした時も、最近はおひとり様普通ですよ、みたいな返しだったので、当然一人で行ってると思い込んでた。

なんか結局、可愛そうな独身中年女性と思われてるんだなぁ。

隠されていると思うと、もうどんな話して良いかわからないし、向こうも誘って来ないのだから、もう関わらないようにしよう。

でもちょっと、嘘つかれて悲しかったし、なんか結局見下してたんだねって言ってしまいたい衝動に駆られる。

そういう思いがあって、こんな休みの日にも悶々と考えてしまう。

もう本当、彼女が私に近づいてくる前のように、ただの正社員さんと派遣のおばさんに戻りたい。

でも、もう一度近づいたら元には戻れないものだ。

まぁ、もうあと数ヶ月で私の契約は満了するし、それで終わるからと思うことにしよう。

でも毎日顔合わせるからなぁ。

私は、可愛さ余って憎さ百倍になるタイプだから気をつけないと。

 

切り替えましょう。

もう私の中の、可愛かったあの子は居ない。

あの職場自体の、賞味期限も切れた感があるしな。

 

今は自分の事をしっかりしないと。

 

雨後

雨はあがったようだ。

千葉では台風の被害が大きく、未だに停電が続き、家屋の被害も多くが手付かずのままのようだ。

こんな時、中年で高所作業の経験もない女というのは、なんの役にも立たない。

なんか良い方法があれば良いのに。せめて家財を避難させる場所とか、提供出来ないものなのかなぁ、国は。

 

天気も悪い今日は、外で遊ぶ子供の声なんかも聞こえないので、この世の中に自分ひとりなのかと思うほどに、この住宅街は静かだ。

今まで住んだどこよりも静かな気がする。

地方に住んで居た頃は、このくらいに静かだったかも知れないが。

この天気の所為か、夏の名残のセミも鳴かない。

昨日は町内を練り歩いていた神輿の音も、今日は聞こえない。

 

この連休も、これと言って何もせずに終わろうとしている。

こんな調子でいけば、死ぬ前にやるべき事が何も終わらず、大量の物に囲まれて死んでしまうのかも知れない。

それだけは避けないと。

最後は少しだけの綺麗な物に囲まれて、静かにこの世を去りたいものだ。

 

20歳の私が、こんな天気の日に、地方の静かな住宅街で、物がほとんど無いような部屋の中に居て、静かに本を読んでいた事を、ふと想い出した。

その頃が一番、自分らしかったのかも知れない。

長月

九月。

気がつけば、夏も終わりかけ。

暑い夏だったけれど、なんだかカラリとした入道雲にサイダーみたいな夏ではなかった気がする。

いや、それは自分が年齢を経たからか。

子供の居ない人にとっては、こども時代はこどもの頃で終わってしまう。

子供のいる人は、こどもと共にこども時代を再体験出来るが。

 

最近仲良くしてくれてる若い人を見ていると、自分の失った時代を思い起こして、なんだか切なくなる。

この若い子は私に子供がいたとしたら、まさに自分の子供の世代だ。

このくらいの子供を育てていたら、また違った感慨なんだろうなぁと思う。

自分が子供を育てていたら、こどもと過ごす夏は、もっと違っていただろう。

そして今頃、また孫と夏を追体験していたかも知れない。

そう思うと、その経験を出来なかった事は、少し残念ではある。

 

ところで、私はこの若い子が、職場の上司と不倫していると思い込んでいた。

そしてひとりでがっかりしていた。

でも、どうやら考え過ぎだったらしい。

まぁ例えそうでも、他人がとやかくいうことでは無いのかもしれない。

 

そんな夏も終わる。

残暑はまだ厳しいけど、夜風は涼しくなった。

遠いお話

誰かを好きだったのは、遠い昔だ。

今では、そんなの幻想でしかない。

 

若い女の子と少し仲良くしてもらって嬉しかったが、愛だの恋だの真っ只中の様子に、正直もはや嫌悪感すら感ずる。

しかも、その子がどう考えても、職場の上司と不倫している。

あんなに聡明で可愛い子なのに、騙されてるというか、若いからそれを愛だと思ってのぼせているのだと思うと、がっかりだったり不憫だったり。

でも本人はその制約のある恋愛に、のぼせ上がっているのだ。

 

なんだろうなぁ。

考えてみれば相手の男も、彼女と付き合い始めた頃から、周りにアピールするように机の周りに子供の写真やら絵やらを飾り始めた。

今思えば、カモフラージュだったのだ。

良き父であるかのような。

しかし、それを飾られる女性の側としては、相当傷付く事なのでは。

いやー。

いろいろ気持ち悪い。

しかも自分の過去の嫌な恋愛の記憶まで呼び起こされて、もう気持ち悪くて仕方ない。

 

妻帯者と独身女性の恋は、どう考えても女性が不利だ。

妊娠のリスク、発覚して訴えられるリスク、職場にバレて仕事を失うリスク。

目を覚まして欲しい。

でも、今は無理なんだろうなぁ。

あんな中年のデブのどこが良いのか解らないが、新卒で免疫のなかった女子が初めて付き合った相手なんだろう。

簡単には離れられないんだろうな。最初の大人の恋愛なら、ここが基準だから良いも悪いもないんだろうな。

あー気持ち悪い。

すごく良い子なんだけど、いっそ二人で居なくなってくれと思うくらい、気持ち悪い。

 

そんな愚痴も言いたくなる夜更け。

どこにも居場所なんてない

火星に移住でもしたい。

 

なんだか他人と関わる事が、ストレスで仕方がない。

最近少し親しく話をするようになった年下の女の子の事も、なんだか一度信じられないと思ったら、もう何もかも信用出来なくなってきた。

結局、私に近づいて来たのも、本当は何か狙いがあったのではとか勘ぐってしまうようになった。

本人はコミュニケーションが苦手だからとか言っていたけど、それもどこまで信用したら良いのか。

なにか目的があって近づいたのならと思うと、もう何も本音は言えない。

寂しいなぁ。

長雨

今年の梅雨はいつまでも続く。

 

昨日はわりと蒸し暑かったので、エアコンでも点けようと思ったらリモコンが反応しない。

本体は動くし、リモコンも壊れていない。

説明書を探したが、どうやら元から置かれていなかったようだ。

仕方ないのでメーカーサイトからダウンロード。

しかし直し方は分からない。

仕方ないのでネットで他のメーカーサイトみたりして、とりあえず本体の電源を抜いて半日ほど放置してみた。

電源を元に戻してリモコン押しても変わらない。

やはりリモコンなのかと、リモコンを携帯のカメラで見ていると、急にエアコンが動き出した。

まぁ動いたから良いけど、なんだったのか。

本格的な夏の前に、とりあえず動いて良かった。

 

3連休だというのに天気が悪く、何も出来ない。

辛うじて昨日は病院と美容院に行けたけど。

病院では、梅雨時だから怪我の後遺症で痛いんじゃないのと薬の処方をされただけ。

確かにそうなのかもね。でも、これから一生こんな痛さと付き合うのかとうんざりとした気分。

でも思い出した。中学とか高校とかの頃も、よくこんな痛さがあった。

当時はなんだか原因がわからず、とにかくだるくて痛くて辛かった。

今から思えば、あの頃も自分では気がついていなかった、小学生の頃の肋骨骨折の後遺症だったのかも。

それにしても、今回撮った肋骨のレントゲンで、結構曲がって骨が付いていると知った。

当時通ってた病院のレントゲンでは、全然はっきり写ってなかったので、あんなに曲がっていると思わなかった。

あきらかにヤブ医者だったんだな。

早めに病院変えれば良かった。まぁ仕方ない。

 

そして美容院では、いつもの事だけど、あんなに説明したのに、かなり短くされた。

これのどこがショートボブなんだよと思うが、これまた仕方ない。

デビュー当時の森昌子みたいに短いですが?

初めて行った店だし、2,700円のカットだから許します。

 

連休中日の今日は、朝から何もしていない。

だるくて身体も動かない。

食料の買い出しくらい行くべきか。

七夕

七夕だけど雨。

 

昨日は辛うじて雨にならなかったのに、洗濯もせずに一日寝て過ごしてしまった。

また、鬱っぽい症状が出てきたかも知れない。

気をつけないといつまでも寝続ける。

 

最近少し他人と関わった事を、本当に後悔している。

これで暫く精神面が停滞する。

どこの部分を切り捨てていくか、脳内の整理をするのに、また数ヶ月かかるかもしれない。

 

この土日で絶対にやるべきだった片付けや整理が、結局全く出来ていないし、髪も切りに行けていない。

やるべき事は山のようにあるのに。

まずは脳の不調より、身体的な不調を治さないと。

とりあえずサプリメントを注文しよう。

どんなに探しても市販で売ってないので、ネット通販に頼るしかない。

つまらない小さな物を頼むのに、いちいち宅配業者の末端配送員を安い時給で走らせる事が、なんだかすごく嫌で、通販は嫌いなのだ。

こんな時代に、どうしてもっと給与を上げて、経済も底上げ出来ないのだろう。

アベノミクスって結局なんだったのだろう。

国民に低賃金を強いた上での経済効果であって、得しているのは国民ではない。

人口も減っているんだし、日本滅びるかもね。

 

さぁ月曜からは、とにかく気持ちを変に乱されないように、誰とも関わらない事にしよう。

幸い仕事はそこそこ忙しくなるはずだし。

 

七夕の願い事は、商業施設の中にあった七夕飾りの短冊に、今一番にやるべき事を書いた。

叶うと良いな。