午後

土曜の午後。

この住宅街は、基本静かだ。

今も外からの物音がほとんどしない。

でも、住人は意外と賑やか。

まぁ、みんなもうすぐお引越しだからね。

 

シリアに拘束されていたジャーナリストが無事帰国して、自己責任論があれこれ言われている。

ジャーナリストに自己責任問う国なんて無い、とか海外では言われてるとかどこかで報道していたが、ここは日本なのですね。

未だ武士道みたいな精神論の根付いた、東洋の島国なんですね。

だから海外と比べても仕方ないのです。

それでも国は邦人が海外で犯罪に巻き込まれれば助けるし、捜査もするし、別に見殺しにはしないんだから、それで良いのにね。

自己責任という考え方が日本人であり、そこを海外に比べて恥ずかしいとか思う必要ないと思うけどね。

それでも紛争地帯に行く人は、行けば良いよ。

本当に何かを変えられるのは、その国の人からの発信のように私は思うけどね。

 

 

開放されたジャーナリストは、思いの外しっかりとしていて精神的に強い人なんだと思う。

拷問もあったようだけど、眼もしっかりしているしPTSDで苦しむという状況にもならなそうだから、そういう点では良かったと思う。

どこか遠い国で

人間の証明』とりりィさん。

この歌を聴いたのは、中学生くらいだったかな。

未だに想い出すフレーズ。

 

2年後くらいに取り壊しと決まっていた賃貸住宅が、急遽前倒しで取り壊しになると通知があったのが8月末。

そんなタイトなスケジュールにも関わらず、間に入っている不動産屋がさっぱり部屋探しに協力的ではなくて、やっとこれはまずいと部屋探しを始めたのが10月に入ってから。

若い頃の部屋探しと違って、不動産屋とのもやもやするやりとりに辟易しながらも、引っ越し先は決まりそうだ。

いよいよ荷物の整理を始めないとならない。

こんどは今より広い部屋の予定。

 

結局中野区には、4年余りしか住まない事になった。

若い頃住んだのと同じような場所に住んで、当時歩いた路地を歩きながら自分はすごく歳を取ったと実感し切なくなったりした。

なぜあの希望に満ちて暮らしていた状況から、転落していったのだろうと後悔したり。

そういう場所に住むことも、どこかで若い頃への未練と決別する意味で良かったのかも知れないが。

 

昨日、永年使っていた陶磁器を落として割ってしまった。

丈夫な器で、何回か落とした事もあったが割れずにいた。

今回は見事に割れた。

落ちる時に咄嗟に受ける事も出来たように思うけれど、なぜか割れないだろうと思って落ちるに任せてしまった。

景品でもらったような安い物だったが、本当に永い間毎日のように使った。

3色セットで、30年くらいの間にひとつづつ壊れていった。

今回は、引っ越しの前に役目を終えたのだな。 

究極の我儘

樹木希林さんが亡くなった。

メディアが取り上げる希林さんは、自分を貫いた素晴らしい人物って感じだ。

 

樹木希林さんのような人を嫌いではないのだけど、こと内田裕也氏との関係に関しては、そんなに持ち上げるような事なんだろうかと思う。

夫婦なんだしね、好きなんだろうし、別れたく無かったんだろうし、今となってはお互いに尊敬し合って付かず離れずの良い関係だったんだと思う。

しかしなー、内田氏の中では早いうちに終わった結婚で、離婚して結婚したい相手も居たんだと思うんだよね。

離婚届勝手に出しちゃったりした事もあるわけだし、その時話題になった美人女優も居たわけだし。

よく美輪さんなんかも言うけど、本当の愛は好きな相手の幸せであって、別れてあげるのが愛、みたいに言うしね。

これはこれで、それは都合の良い女じゃねーか場合によっては?と思うので、手放しで賛成は出来ない見解ではあるけど。

 

樹木希林さんは、そういう意味では究極に自分を通した人で、そういう生き方もあるのだけど、内田氏が他の誰かと本当に安らぎのある愛も得られたかも知れないのに、と思うとなんだか残念な感じがする。

 

まぁ、内田氏も樹木さんの死に憔悴しているという事なので、今となってはお互いに運命の相手だったのかも知れないけどね。

敬老の日は明日

自分も年寄りに近づいてきた。

でも別に敬われなくて良いな。

 

少し前の記事に、通り魔事件を起こした女の事を書いた。

ブログやtweetでは、反省しているようにも見えず、のうのうと生きていた。

 

その女が亡くなったようだ。

希死念慮があるような事を書いていたので、おそらくそういう事だろう。

死者に鞭打つというのは酷い事かもしれないが、でもこれで被害者の気持ちとしてはいくらかほっとしたのでは無いかと思う。

多少の後味の悪さもあるかもしれないが。

 

今更そんな事をするなら、事件を起こす前にやるべきだったとすら思う。

生きているのが辛い人はいる。

周りからみたら、その女は大して苦労もせず育ち、好きな絵を書いて我儘放題出来る旦那のいる幸せな主婦にしか思えない。

でも、生きるのが辛かったのだろう。

なら何故、刃を見ず知らずの他人に向けたのだ。

それが許せない。

彼女は今は目的を果たして幸せだろう。

この世は修行の場だという。

それを投げ出すのも、また修行のうちかもしれない。

 

私は合掌はしない。

理不尽に人を殺めようとした者に、情けなんて要らない。

連日の猛暑が落ち着いたら、今度は台風。

被害が出ないことを祈る。

 

最近、LGBTの人々は生産性がなく行政の支援は無用、とか言った女性議員がいるらしい。

ははは。

もうLGBTの方々は税金払わなくて良いのでは。

行政がなんもしないとかいうなら、そこに金払う意味ある?

いやはや。

この議員いろいろ持論を繰り広げているようだけど、いつ自分が自らが切り捨てている人々側に回るかなんて分からないと思わないのだろうか。

子供を生んで育てて働く自分が、女として最高位と思ってるんだろうな。

すげーなー。

そんな遺伝子とか要らんは。

ブログ読みに行ったら、自分の娘は周りからも良い子だと言われ、どんな良い親に育てられたのかくらいに思われてますよ、っていう趣旨の記事あげてた。

お嬢さんも、確実に遺伝子受け継いでるんだろうなぁ。

それこそ税金の無駄。

こんな議員、コワイわ。

 

障害者は生きてる価値なしと惨殺した男と、考え方は一緒だよね。

 

あー税金払いたくない。

民間企業で働いて、間接的に事業税に加担するのすら嫌になる。

 

そんな国ニッポン。

どこが良い国なの?最近の日本礼賛のTV番組は、もしや政府のプロパガンダなの?

日本は全然良い国じゃないのよ。

 

ナチスのように成り下がる気か。

最後の夏

そういえば、今年は平成最後の夏なのだ。

この言葉はあちこちで使われているのだけど、聞く度に「あぁ、そうだった」と思う。

国民はそんな感じであるが、陛下におかれてはひとつひとつの公務が、これで最後と思うんだろうなぁ。

 

昭和最後の夏がどんなだったかなんて、実のところ覚えて居ない。

それはその夏が最後の夏だと思って居なかったからだろう。

今年は、これが平成最後の・・・と思っていれば、記憶に残っていくかも知れない。

平成最後の夏は、長く暑い夏になりそうです。

f:id:namidaisi:20180106160345j:plain

 

海の日

海とか海水浴とか、もう遠い昔。

 

それにしても暑い。

洗濯物は良く乾くが。

 

今日は久々にカーテンを洗った。

カーテンは、踏み洗いが一番綺麗になる。

 

 

3連休で部屋を片付けようと思ったが進まず。

あまりの暑さに、外出したのは一昨日の午前中のみ。

昨日は一日部屋にいた。

それなのに何も片付いていない。

もはや所謂、断捨離すべきなんだよね。

あの若い頃の今で言うミニマリストな暮らしが、今は出来ない。

本当はずっとあの頃のように暮らしたいのだけど。

 

以前千趣会だのフェリシモだのの、頒布会通販にハマっている知り合いの部屋を訪ねて、物の多さに驚いた事があった。

物の所為で窓もふさがっていて、薄暗い部屋だった。

買っただけで使わない大量の物に囲まれ、派遣とパートを掛け持ちして働いていた。

その後関わる事も無かったが、あの人はその後どうしてるかな。

 

あの時のあのモノだらけの薄暗い部屋と、今の私の部屋は似ている。

違うのはとりあえず窓は塞がっておらず、そこそこ日当たりは良いところか。

 

モノはあっても、使わなければ意味が無い。

でもたくさんある素敵なポストカードも、綺麗なレターセットも、今となっては出す人も居ない。

今どき手紙なんか送ったら、大げさすぎて迷惑なんだろうな。

自分に手紙でも書きましょうか。