雨の一日

肋骨の話題は続く。

骨折した当初は、動かさない限りさほど痛く無かった。

痛いのは布団に入って寝る時。

これだけは泣くほど痛かった。

2週間くらいで楽になってきて、寝る時もそれほど痛くなくなった。

その後1週間くらいはまぁまぁ楽になったなぁと思っていたが、骨がなんかくっついてきたかもと思った辺りから、別の痛みがやってきた。

鈍痛と神経痛みたいな、ずーんと痛いのとピリピリ痛いのが。

それが、全然その後良くならない。

だんだん色々と具合も悪くなってきた。

開き直るしかないけどね。

 

昼間家に居たりすると、時々宗教の人が来る。

基本出ないが、荷物が来る予定みたいな時はついついインターフォンに出てしまう。

宗教の人は、興味が無いと断れば素直に引き下がるから良いけど。

この間も郵便受けに宗教の冊子が入っていた。

折角だからパラリと読むが、キリスト教を主体にした宗教のようだが、なんだか良くわからない。

宗教は、迷える子羊達を幸せにするに違いない。

組織化して金儲けに走らなければ特に問題はない。

だけど、宗教にすがる人は私は好きではないし、現実に関わるそういう人は面倒な人が多い。

キリスト教系の人は、悪いことをしても神は、その罪を全部背負ってくれる。みたいな考え方で、何かをしても神にしか謝らない。迷惑を掛けた人には謝らない。

仏教系の人は、来世来世で、仏教を信じる自分達を蔑ろにしたら、来世のあなたは不幸になるみたいな事を言いたがる。

大体に宗教が嫌いなのは、神も仏も罰を当てるみたいな事だ。

 

神とか仏とかみたいな超越した存在が、そんな事するのかと思う。

神社で、参道を歩く時も真ん中は神の通り道だから端を歩けだの、本当に神がいるならそんな細かいこと言わんと思う。

そんな事言ってたら、無知な人間は助けない、頭が悪くて理解出来ない人間は助けない、ってなってしまう。

神社を作って祀った人間が、自分達の都合の為に作った決まりでしかない。

神も仏もそんな存在があるのなら、もっと寛容であるはず。

そしてきっと、願いなんか叶えてくれない。

よりよく生きていけよと、少しだけ背中を押したりお尻を叩いたりをするくらいだと思う。

f:id:namidaisi:20170613180813j:plain

 

広告を非表示にする