読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラクタ

『ガラクタ捨てれば自分が見える』という本を買ったのは、かれこれ10年も前。

読んだ時はすぐ捨てようと思えたが、結局全然片付いていない。

私の中では、捨てる系の本で一番やる気が出るのがこの本なのだが。

 

骨折する前に、ちょうど少しやる気を出して片付けを始めた所だった。

しかし骨折して重いものが全然持てなくなって、片付けは頓挫した。

骨折からひと月半がすぎて、少しは重いものも持てるようになったので、そろそろ片付けたい所だ。

しかしここに来ての体調不良。

どうもやる気が出ない。

大体が、経済的に遊んでいる場合でもない。

片付けどころじゃないのだ。

と、ぐるぐるして一日が終わる。

でもなぁ、本当いい加減片付けよう。

 

ずっと親と住んでいた家を親の亡き後片付けていた方のブログが、ここ1年更新されていない。

前触れも無く、突然その方の全てのブログの更新が無くなった。

多少体調が優れない事が書いてあったが、さほどの事でも無さそうだったのに。

 

いつ何があるか分からないなぁと思うと、私もこのままこの状況にしておけないよなぁと思う。

なぜこんなに物が増えたのだろう。

 

実家にいた頃は、部屋に極力物を置かないようにして、すっきり暮らしていた。

掃除もすぐ終わるし快適だった。

東京に出てきてからも、最初は物が少なかったし、極力増やさないようにしていた。

 

なのに、今はどうなんだ。

床にいろんな物が直置きされていて、収納の少ない部屋はモノで溢れかえっている。

そして使いたいものがどこにあるのか探し出すのも大変だ。

 

あー捨てよう。

人が生きていると何でこうも物が増えるんだろう。